2016年7月11日 (月)

針入れ

針をしまう袋(bag for embroidery needles)。
201607111 約6×10cm
簡単に作ろうと思って急ぎましたので、デザインも仕立ても大雑把な感じです。

なるべく道具を増やさないようにしたいと思うのですが、それでも、このざっくりとした麻の刺しゅうをするだけで数種類の針を使います。太めの尖った針1本あれば、不足なく作れるように思いますが、腕がない分を道具に頼ります。といって、これらの針をきちんと使いこなせているのかどうかもわかりません。
後ろめたさを感じながらも、針は少しずつ増えていき、これまでの小さな袋にしまいきれなくなってきたので、新たに作りました。
201607112_2 (中は、先の丸い針用と尖った針用の2ポケット)




2016年5月13日 (金)

ティッシュケース

ポケットティッシュ入れ(tissue paper case)。
201605131 約8×12cm

刺しゅうの本で小さなかわいらしいリスの図案を見かけ、借用しました。
これをクロスステッチで刺したら、随分と小さなものができますね。
201605132 時間の余裕がなかったので、刺しゅうは表面のこれだけです。どこかにイニシャルを入れれば良かったかな、と後になって思いましたが。
中のポケットに小さな鏡と爪楊枝も入れました。

友人の誕生日の贈り物ですが、いつものことながらイビツな仕上がりで、中のティッシュがなくなったら処分してくれていいの、という思いです。




2016年5月 3日 (火)

ドイリー

小さな敷き物 7枚目(doily)。
201605031

「デンマークのホワイトワーク ヒーダボーHEDEBO」という本にある作品を真似したものです。何年もかけて、機会あるごとに作っています。
なんとなく似たりよったりですが、一応それぞれレース模様が違います。

201605032




«壁掛け