« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

クッション

やや小さめのヘデボーのクッションができあがりました。
図案は、デンマークのGreve美術館所蔵?の古い刺しゅう(ポスターの作品です)の一部(作品の上方部分)を
うつしました。これは飾り布の類だと思いますが、何でしょう? Håndklæde?
中央の穴埋めの模様は少し変えています

似ているような似ていないような、いいような悪いような、といった出来です。
20100827

毎日毎日おそろしく暑いのに、刺しゅうを持つ手にあまり汗をかかないのは何なんでしょう。冷房のためか、麻糸にアブラをとられてしまっているのか、指先は益々ガサガサしてきたような気さえします。
こちらはこんなに暑いのに、数日前にゴースダルと話した時には「デンマークは天気が悪くて寒くて暖房をつけている」といっていました。電話線を通じて、こっちの空気と向こうの空気を少し交換できたらいいのに、と思うお話でした。
『ドラえもん』という漫画に「どこでもドア」というものが登場します。行きたい場所を念じながらそのドアを開けると、扉の向こうにその場所があるのです。空間をねじまげるというこんな道具があったら、空気交換も造作ないことでしょうに。

ただ一度だけでいいので 私もこのドアを開きたい、としばしば思います。ひらいた扉の向こうにゴースダルがいて、ドアをくぐるだけでここに来てもらえる、そんな夢を見ます――
残念ながら叶わなかった願い、このドアがなければもはや叶うことのない夢です。

2010年8月16日 (月)

Greve美術館のポスター

デンマークのGreve美術館で2008年に行われたヘデボー刺しゅうの展示会のポスターを譲り受けました。
ちょうどいい大きさの既製額がなく、どんなのがよいかもわからないので、厚紙に貼って飾りました。

「ヘデボーが好き」と言っても、特にヘデボーの作品や本を集めているわけではなく、本物に乏しかった
ので、これ1枚で少し形が整ったような気持ちになります。嬉しいです。
20100815
(常々思っていたことですが、ひとの著作物の写真を無断で載せてはいけないもの?)

この刺しゅうの図案を一部拝借して小さめのクッションを作ることにしました。
このポスターの写真の下のほうは、このときに出版されたカタログの表紙にも使われていて、もしかしたら同じものを作っている人が少なからずいるかもしれないと思いましたので、ちょっとはずして、刺しゅうの上半分を真似することにしました。
どこまで真似するか決めかねながら、今はひたすら縫い進めています。

2010年8月 9日 (月)

食器の覆い

茶櫃をもっていないので、その代わりに食器の埃よけのために覆う小さな布。
20100809_1  20100809_2

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »