« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

付け襟。
201102262_3

昔々に買ったワンピースの代え襟を作りました。
もともとのビロード?の襟は擦り切れてしまったし、服地自体もたいそうくたびれて、もう処分すべき代物なんですが、なかなか捨てられず...。
襟だけ取り替えて、もうしばらく着たいと思いました。

この襟をタッチングレースで作るつもりで以前に手がけたのですが、気に入らなくて、もっと古めかしい感じのものにしたくて、そちらは途中でやめました。いずれ、別の服に合わせられたら、と思っています。


襟といっても単なる長方形
なので、どうなるのか不安でしたが、なんとか着ることはできそうです。
201102261
  Krav13_4
縁取りレースの模様を決めるのに四苦八苦して、ずいぶんと時間がかかりました。10日程度で完成させるつもりが3週間余り。やり直しを繰り返したのでレースがなんとなく黒ずんでしまい、最後には殆ど諦めて終わらせてしまった、というところでしょうか。
本でよく見るような大小の穴を散らした幅広レース(hedebo blondeというヘデボーのニードルポイントレース)を作ってみたいという気持ちと、もう少し小さめでカタイ印象の襟にしたいという気持ちが戦って、なかなか模様が決まらなかったわけですが、結果、このようになりました。
良し悪しは別にして、おおむね当初望んでいたような雰囲気に仕上がったかな、とは思っています。
ただし、自分の年齢を考えると、このような大きな白い襟は、もうやめたほうがいいのかも。

2011年2月25日 (金)

エプロン

前掛け。
Forklaede1

普段づかいとはちょっと違うつもりで作りました。
なので、実用性を無視し、胸当てもポケットもありません。

「デンマークのホワイトワーク ヒーダボー」という本に載っていた未完成作品の図案を借りています。全く同じというわけではありませんが。

この図案を描き写していたのは、昨夏のおそろしい暑さの中でした。
夏を過ぎ、秋を過ぎ、冬もそろそろ終わる気配を感じる頃、春一番が吹いた日に、やっと仕上がりました。
ゆっくりゆっくりと、かなり気を遣ってサテンステッチなど刺しゅうしたつもりだったのですが、やっぱり引きつれてしまいました。どうしてもこうなってしまいます。

ひもが短すぎたようでチョウ結びにぎりぎり、これを使うには今より少しでも太ったらダメみたいです。
なかなかきれいにシワが伸びないので、糊をつけてみたらどうかと思うのですが、糊づけをしたことがないのに、うまくできるものでしょうか...?

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »