« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

さいふ

お財布。
201112291
数年前に大量?に作った匂い袋の図案とほぼ同じです。今回、糸抜きの部分はかなり大きめでネットの数は少なくなっています。
折に触れてこの図案で作ってきましたが、下絵の線をはずれて刺すので、どんどん葉っぱが丸くなり、ほとんど下絵がないも同じようです。もう少し線通りに刺すよう努めるべきかもしれません。

日々使っているボロボロになってしまったお財布の形を真似しました。開け口にマグネットかボタンをつけたほうが安心かな、と思っているところです。
背面には小さなポケットを小銭入れとして付けました。ファスナーで開閉します。
途中で息切れしたというか、どうでもよくなってしまったというか、とにかく仕上げはしましたが、特に背面は手抜き模様です。
201112292 201112293

見本より小さくなってしまったので、使いにくそうです。
買い物はほぼすべて現金払いなので、ときどき大量の小銭が手元に残ります。これではきっと入りきらない...。

どうしてもカドが伸びて広がってしまうのは、しかたないことなのでしょうか。洗わないわけにはいかないし、洗うと布はヘナヘナになるし...。洗濯糊でもつけてみるか、あるいは三つ折の部分にアイロン接着芯を貼っておいたらいいのかなと思いつつ、実行したことはありません。
たいへんイビツな出来上がりでした。

2011年12月23日 (金)

ドイリー

小さな敷き物 4枚。
201112233 201112234 201112235 201112236   

「デンマークのホワイトワーク HEDEBO」という本に掲載されている作品を真似して作りました。
201112231作りだす前は、なんとなくもう少し大きなものと思い込んでいましたが、本の中に12cmと13cmと書いてありますので、そのぐらいで作りました。お皿敷きにしては小さいような気もします。
2枚は、表紙のそでの写真にそれぞれほぼ忠実に作ったつもりなのですが --但し、もともとの2枚が全く同じ図案ではないので、片方にあわせてしまいましたが--
受ける印象が何か違います。素材の違いでしょうか。
ほかの2枚は、別のところに載っている作品などを参考にしながら穴埋めしました。
4枚目はヘデボーとはちょっと違うものになってしまったように思います。
見慣れない為か、いいんだか悪いんだかわかりません...。時節柄、クリスマスっぽいような感じはします。

特定のお皿用に作ったわけでもないので、とりあえず4枚だけです。
小さくて平らなものは作っていて楽しいです。準備も簡単だし、洗濯やアイロンがけも簡単だし。

2011年12月 8日 (木)

クリスマスの刺しゅう② 2011

クリスマスの贈り物のお菓子箱が完成しました。
P1010775

今年は余裕がなくて全部同じ形になりました。
最初に上手にできなかった継ぎ目部分は、その後も改善の努力なく同じように作ったため、6個すべてうまくいきませんでした。進歩なしでした。難しいものです。
P1010776_4 でも、まあいいことにしました。キラキラしたお菓子を入れてしまえば、誰も気にしないことでしょう--と、都合よく期待してます。
底面は6弁の花の形のつもりだったんですが、まるで、焼き上がったら膨張していた花形ビスケットの失敗作のようです。


取りかかったのはかなり早かったのに、結局、遅れてやっと仕上がりました。
1日も早く、クリスマスイブより前にあちらに届くといいんですけれど。
こういう時は、本当にデンマークが遠くに感じられます。

   ~・~・~

クリスマスのお人形作りも終わりました。
お付き合いいただきました皆様、どうもありがとうございました。
なんだかワクワクして、クリスマスを待つ子供の頃のような気持ちになりました。私にとっては、忙しかったけれど、心に残る、とても楽しい時間でした。記念に写真を撮っておかなかったことが悔やまれます。
クリスマスなので、本当にささやかなものですがUnicefに収益の一部を送りました。あわせて感謝申し上げます。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »