« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

ドイリー

小さな敷き物 5枚目(doily)。
201212_1
以前に同じ図案のドイリーを4枚作っていて、これは5枚目です。
「ヒーダボー」という本に掲載されている作品を真似したもので、レースの部分を少しずつ変えています。
もともとはすっきりとした大ぶりなデザインですが、私が作ると、だんだんとゴチャゴチャしてきます。

201212_2
この小さな敷き物、今後も増えていくような気がします。使い道は特に決まっていないですけど。

   * * *
今年もクリスマスの小物をお作りいただいた皆様のご協力により、
ユニセフに送金できました。どうもありがとうございました。Glædelig Jul.


2012年12月23日 (日)

小さな物④

髪留め(hair ornament)。
201212231
白の薄い麻布に透かし模様の刺しゅうをしました。糸は麻と綿を使いました。

小さな刺しゅうに
黒いビロード調の布とペンダントヘッドを足して、大きめの髪飾りを作りました。バレッタ??とかいうものです。出来上がったばかりなので自分ではまだわかりませんが、後で冷静に見たら「ヘンなの」と思うかもしれません。
透けるような布の風合いを生かすため、なるべく浮かした感じの品を作りたいと思ったのですが、結局、ちょっと違ってしまいました。やっぱり襟元の飾りにしたほうがよかったかも。
先々どうしても気に入らなかったらやり直せばいいかな、という簡単な作りです。

201212232 デンマークの刺しゅうの本(持っているのは英語版)にのっていた古い刺しゅうの写真を参考にしましたので、デンマーク刺しゅうと呼ぶべきかと思いますが、内心は、ドレスデン(dresden spitzen)という刺しゅうに近づきたいと思って作っていました。
とはいっても、作り方はかなりあやしげです。本を調べるのも億劫で--たとえ1冊しかもっていなくとも億劫で--自己流で作りました。
なんにしても この下手な刺しゅう、ガサガサに荒れ果てた指先のせいにしたいです...。


麻布は譲っていただいたもので、古いものだそうです。もったいない貴重品ですね。透けた感じがとてもきれいで心地よいのですが、どういう刺しゅうをすればよいのか、自分の力の範囲内で何を作れるのかわからず、この布を生かせたかどうか。
昔のものを使うと、昔の作品に少しばかり近づくことも不可能でないような気はします。少なくとも、質感は似てくるでしょう。でも、私自身はプロでもないし、無理はせず、簡単に手に入る材料や道具を使ってそれにふさわしいものを作ればいいのかな・その能力のほうをほしい、と思います。でも、それも身の丈にあわない大それた望みです。



2012年12月21日 (金)

小さな物③

小さな敷き物(saucer or coaster)。
201212_3
四隅の始末が下手です。作り方を知らないわけではなく(たぶん知っていると自分では思う)、単に上手にできない ということです。かなり基本的なことなのに、これさえできなくて人に教えたりしていいのかな、と常々疑問に感じています。

2012年12月19日 (水)

小さな物②

針山4個(pincushions as christmas-trees)。
201212191_2 
緑色のフェルトで針山を作りました。クリスマスツリーのつもりです。
でも、こうして見ると、デンマークで秋によく見かけた、真っ赤なカサに白い点々のある大きなキノコを思いだします。まさに絵本に出てくるようなキノコでした。コビトはいませんでしたけど。

麻の刺しゅうを作る気にならず、少しほかのことをしていました。
針山の下に広げた小さな敷き物も
織りました。手元に何年来の毛糸及び編みかけの物がいろいろ残っていて、いつも頭の隅っこのほうをチクチクと刺します。少しだけでも使って、この気掛かりを幾ばくか解消しようと思い立ちました。ハタは持っていないので、簡単な平織りですが苦労します。短時間でできましたが、消費した毛糸もごくわずかでした。


2012年12月17日 (月)

小さな物①

でんでん太鼓(toy-drum for baby)。
201210302
球に鈴を使ってみましたが、糸でくるんでしまった為、あんまり響きません。デンデン太鼓よりはガラガラというおもちゃに近いようです。持ち手がグラグラするので、勢いよく振ると、たぶん壊れます。
持ち手の部分も入れて長さ12cmぐらい、本物のデンデン太鼓よりかなり小さいです。

たいへん作りづらかったです。はじめる前から「ハート形にくり抜くなんて私には無理」とウスウスわかっていましたが、やってみたら、やっぱり無理なことでした。
ほかにもいろいろと失敗点の多い品でした。小さな写真が真相を隠してくれるのに救われます。
それでも、こういった他愛もないものを作るのはとっても楽しいです。

てっぺんに座高1.5cmほどのクマが乗っています。特に意味はないですが。
201210303_3 
今年の秋に、出産間近の知人に作りました。
何か贈りたかっただけなので、少しでもオモシロがってもらえたらいいんですけど...迷惑だったかしらね。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »